古事記のエピソードから自分の感情をひもとく

※アーカイブ動画は、このページの後半にあります。

日本最古の歴史書物とも言われる古事記。

皆さんもその存在はご存じだと思います。

でも、その物語を『きちんと最後まで読んだよ~』

という方は、少ないのではないでしょうか?

実は、僕もその中の一人。

歴史好きなのに、ちゃんと読んだことがなかったのです。

なぜか?

それは、

神々の名前が覚えられず、

まったくストーリーが入ってこないから。

だってやたら長くありません?神様の名前。

漢字がたくさん並んでいて読み方も分からないし・・・

カタカナ表記されていても、読みにくいし・・・

それで今までも本を買っては途中でで挫折。

買っては途中で挫折。

この繰り返しで、笑

ところがそんな僕が、この本に出会って

最後まで読破できたのです。

その本がこちら、

『眠れないほど面白い古事記』

 https://amzn.to/45nv1Eh

それで最近のYouTubeライブ『高額起業塾のこぼれ話』では、

この本をベースに読書会形式で古事記のエピソードを通じて、

その場面、場面でどんな感情がわいてくるか?

をみんなでチャットを使ってワイワイとお話ししています。

僕たちは、幼少期からの成長の過程で

 

スモールトラウマ

ミドルトラウマ

ビッグトラウマ

 

のいずれかをかかえてしまっています。

そしてそれに気がつかないように

してしまっている。

なぜかというと、そこに触れると心が痛むから。

だから”自分の気持ち”をしっかりと感じないように

なってしまっている。

こういうケースが多いのです。

 

なので、古事記を一つの教材として、

「あ~それひどい!」

とか

 

「それ分かる~」

とか

いろいろ話していくと、自分の感情にも

向き合うことができるようになると思うのです。

感情と向き合わないと、

自分の心に制限がかかってしまって行動ができません。

これを

マインドブロック

と言います。

 

このマインドブロックは人それぞれにあって、

これを解除しないと軽やかに行動が起こせない。

「あれはスグ出来るのに、このことは何だかいつも腰が重いんだよな~」

ってことありません?

それって、きっとマインドブロックが潜在意識の中にかくれているのです。

それを開放するためには、自分の心を向き合うこと。

これが必須です。

ちょっと想像してみてください。

軽やかに何でも行動できる自分を。

今までと違った結果が出てくると思いませんか?

 

だからビジネスでも仕事でも成果が出てくるのです。

日本人は勤勉で、スキルやノウハウは必死に学びます。

でも、インプットは出来てもアウトプットができない・・・

アウトプットできる自分に生まれ変わるために、

様々な感情を見て行きましょう。

知ってました?古事記って、

 

欲望、嫉妬、エロスが渦巻くドロドロの愛憎劇

だってことを。

 

このページでは、過去のYouTubeライブの動画をアーカイブとしてまとめていきます。

ぜひご覧ください。

そして、チャンネル登録をして水曜21時ライブにも遊びにきてくださいね。

エピソード1
エピソード2
エピソード3
エピソード4

最新のマーケテイング情報はメルマガでお届けしています。
⇒ https://1start-up.com/bc/

そして各種イベント情報は、LINEで届きます~
プレゼント動画セミナーもお届けします(^^/

木藤のLINE公式【友だち追加してね!】↓
https://lin.ee/KFFNihaK

© 2024 理想の未来から逆算し確実な起業・第2起業をプロデュース Powered by AFFINGER5